アトピーを改善する方法

アトピー肌はセラミド不足!

乾燥による炎症、赤み、痒みを引き起こすアトピーは成人型と呼ばれるタイプも増えています。遺伝的要素が多いアトピーですが、最近では環境によるアトピーもあります。ダニなどのアレルゲンが血液中にはいり、体のいろんな部分で炎症を引き起こします。ここでは痒みを引き起こすアトピー対策について紹介します。

・アトピー肌の原因
アトピーは皮膚の炎症や強い痒みを引き起こします。 顔や全身に出来るアトピーは、症状が良くなったと思えば、気候の変化や何かの刺激で悪化してしまう厄介なものです。 子供の場合は、肘、膝の裏側などの間接の内側や、首に出来ることが多く、大人の場合には顔や首、背中や手などにも出ることが多くあります。アトピーの症状は皮膚がカサカサになったり、フケのように剥がれ落ちたり、じくじくとただれてしまうなど実にさまざまです。

アトピー肌の原因は、肌の角質にあるセラミド不足などが考えられます。 皮脂分泌の低下、バリア機能の低下によって、外部からの刺激を受けやすくなっています。 セラミドなどの角質細胞間脂質が不足すれば、バリア機能が低下し、肌内部の水分も蒸発しやすくなります。外部刺激によって肌は敏感になり、痒みが強くなるのと、肌をかいてしまいます。その結果、バリア機能がさらに低下するという悪循環になってしまいます。

・アトピー肌に2種類の保湿ケア
アトピー肌には「バリア機能を改善する保湿」と「肌の水分量を保つための保湿」という2種類の保湿ケアが必要です。 バリア機能が低下しているアトピー肌は、外部刺激が入りやすくなるために痒みなどが発生します。バリア機能を上げるためにはセラミドをはじめ、皮脂膜を補う油分を含んだ保湿剤がおすすめです。 ホホバオイルやココナッツオイルなどの植物由来のオイルや白色ワセリンはアトピー肌におすすめです。

アトピー肌は肌水分を保つ力も低下しているので、水分をたっぷり与えて逃さない保湿ケアが必要です。セラミド、アミノ酸などの天然保湿因子、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分は保水をサポートする作用があります。化粧水のあとには、乳液など油分で、水分が逃げないようにします。化粧水などはできるだけ刺激の少ないタイプを選ぶ事をおすすめします。

・アトピーの治療、対策

●ステロイド
アトピー治療で最も使用されているのがステロイドです。ステロイドは痒み、炎症を抑える塗り薬です。副腎皮質ホルモンが含まれ、アレルギーに伴う炎症を抑える効果が優れています。痒みを抑えることで、皮膚を掻いてしまうのを防止します。ステロイドには強さのランク分けがあり、皮膚科では症状に応じたステロイドを処方しています。ただ、ステロイドには副作用もあります。長期間継続して使用する際にはクリニックなどで確認する事をおすすめします。

●漢方
漢方薬は副作用のほとんどない東洋医学で研究された薬です。皮膚科で扱っている場合は保険が適用されます。アトピー治療で使われている主な漢方薬を紹介します。

・白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)・・炎症抑制、解熱効果のある漢方
・小柴胡湯(ショウサイコトウ)・・免疫力を改善して体質を改善する漢方
・黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)・・虚弱体質、皮膚炎の改善

●保湿、バリア機能改善
アトピーで悩む人の角質層はバリア機能が乱れています。バリア機能はセラミドをはじめとする角質細胞間脂質で出来ています。セラミドを配合した化粧水、美容液等を使用することで、バリア機能は改善し、アレルギーなどの侵入をブロックします。また、洗顔にはできるだけ低刺激タイプを使います。合成界面活性剤は不使用タイプで、植物性オイルやフコイダン等を使用し、皮脂を取り過ぎない事が大切です。乾燥が酷い部分にはワセリンなどの油分で蓋をする事も、アトピー対策では大切です。

アトピー肌におすすめの乾燥肌化粧水

アヤナス
価格:1,480円 送料無料
肌水分を保持し、角質のバリア機能を整える「ヒト型ナノセラミド」を配合。さらに炎症の原因となるヒスタミンの生成を抑える「コウキエキス」を配合し、アトピー肌を改善します。
ヒフミド
価格:980円 送料無料
肌の水分を保持し、外部刺激をカットする「ヒト型セラミド」を配合。無香料、無着色、パラベンフリーだから非常に低刺激。
つつむ
価格:1,470円 送料無料
肌水分を保持し、外部刺激から肌を守る「ヒト型ナノセラミド」を配合。さらに5種類のアミノ酸が角質細胞に潤い補給。


アトピー肌におすすめは「アヤナス」

ヒト型ナノセラミドで肌をしっかり保湿!


アトピー肌を改善するためには角質層のバリア機能を整える事がポイントになります。アトピー肌の化粧水にはヒト型ナノセラミドを配合。 肌の角質層の奥までしっかり浸透し、角質細胞の間を埋める役割をします。角質をしっかり埋めることで肌水分の蒸発を防止し、乾燥を防止します。さらに、紫外線やアレルゲンなどの外部刺激を跳ね返します

アヤナスには抗炎症作用のあるコウキエキスを配合。炎症を引き起こすヒスタミンの発生を抑制し、アトピー対策を行います。また、海藻由来のCVアルギネートを配合。コラーゲン生成をサポートして目尻のシワやほうれい線の発生を予防します。


悩み別におすすめの乾燥肌化粧水

アトピー

アトピー肌におすすめの乾燥肌化粧水。アトピー肌は角質層のバリア機能が乱れている状態です。バリア機能を改善し、アレルゲンをブロック。
詳しい情報はコチラ

シワ

シワは加齢によるコラーゲンの減少が引き起こします。また乾燥していると紫外線がダイレクトに真皮に届き、細胞に影響を与えます。
詳しい情報はコチラ

シミ

シミの多くは紫外線の影響です。角質層のバリア機能で紫外線をブロックし、チロシナーゼを阻害してメラニン色素を作らせないことがです。
詳しい情報はコチラ

ニキビ

ニキビは乾燥やストレスなどによるターンオーバーの遅れ、角質層が厚くなって毛穴が塞がり、皮脂がたまることで発生するアクネ菌対策がポイント。
詳しい情報はコチラ
アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
アトピー対策、アトピー肌におすすめの乾燥肌化粧水について紹介します。